地味な印象もある地銀カードローン

カードローンは消費者金融のみが取り扱いをしているわけではありません。三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行、楽天銀行などでもカードローンのサービスは展開されています。最近は、金利が低い点が評価されて、メガバンクでのカードローン申込者も増えています。

 

そして、今少しずつ注目されているのが地元の地方銀行です。ほとんどの地方銀行でカードローンのサービスは存在しています。地方銀行は金利面で有利なのか、審査は厳しいのか、メリットやデメリットは何か、それらを一概に語れないのがまた地方銀行の特徴でもあります。それぞれの銀行で個性があるからです。

 

 

地銀カードローンの金利

地方銀行のカードローンの金利は、実はメガバンク以上に低いケースがたくさんあります。一般的にカードローンの金利は、借入額が大きい程低くなっていきます。そのため数十万円程度の限度額では最高金利が適用されるケースが多く、金利は高めになってしまいます。

 

しかし、地方銀行のカードローンの中には、少額であっても金利が低いものもたくさんあります。例えば10万円程度の借入れの場合には消費者金融で18.0%、メガバンクで14%台が一般的ですが、地方銀行の中には10%程度、あるいはそれ以下の金利で借入れできる所もあります。

 

カードローンの申込み条件

地方銀行の場合、人や銀行によっては申込みがしやすかったり、厳しくなったりします。これは、地方銀行の場合には、申込みの条件が様々なのが原因です。消費者金融の場合、ほとんどがパートやアルバイトでも申込み可能です。

 

年収が少ないと申込みできないというわけでもなく、収入に見合った申込み金額かどうかが重要視されます。ただし消費者金融では、収入のない専業主婦は申込みを断られてしまいます。

 

メガバンクでも最近は、パートやアルバイトでも契約ができるようになってきています。専業主婦についても、申込み可能な銀行もあります。一部を除けば、年収いくら以上という条件も特にありません。

 

地方銀行の場合、専業主婦や年金受給者でも申込み可能なケースが意外と多いです。その代り、所によっては年収150万円以上と条件が付いている場合もあります。申込むところによって変わるので、自分が申込みできそうな地方銀行を探せるかどうかがポイントになります。

 

地方銀行の利便性

地方銀行のメリットとして、大手よりも申込み条件が幅広く、申込みできる可能性が広がる点があります。金利についても銀行によりけりですが、同じ地方銀行でいくつかのカードローンがあるケースも珍しくありません。大手で条件を満たさなかった人が地方銀行で借りられる可能性があります。

 

ただし、地方銀行のカードローンの申込みの多くは即日融資に対応していなかったり、店頭での手続きが必要だったりで、急ぎでお金が必要な人には向いていない可能性もあります。

 

このあたりは借り入れる金融機関によっても大きく異なり、地方銀行でも最短即日融資に対応をしているカードローンもあります。様々な地方銀行のカードローンを見ておけば対応地域で適する借り入れができるところが見付かりますので、ネットで手続きができる銀行の低金利カードローンをしっかりと比較検討を行うようにしましょう。

 

対応地域が限定される場合が多い

地方銀行のカードローンも悪いものではなく、寧ろサービス面で考えれば大手にも劣らない優れた借り入れ先となっています。しかし、地方銀行カードローンの最大の欠点は対応する地域が限られる部分にあります。

 

本支店の営業地域内にお住まい、またはお勤め先がないとカードローンの利用ができないようになっていることが多く、全国対応となる地方銀行のカードローンは少数です。

 

借りたいと思えるカードローンがあっても地域が合わなければ利用ができませんので、地方銀行のカードローンを選ぶ際には地域の条件もしっかりと確認をしなければならないのです。

 

その点で大手銀行のカードローンは全国来店不要対応も可能となるため、地域を問わずに借りられるのが利点です。メガバンクのみずほ銀行の最短即日の借り入れではネット経由で最短で当日中にカードローンの利用ができるので、急ぎの場合には地方銀行よりも助かることとなります。