地銀は金利が低い?

地方銀行のカードローンの金利は高いと考えている人は意外と多いです。大手のメガバンクの方が金利面でも優遇されると勘違いするためです。地方銀行のカードローンの特徴として、選ぶ銀行やカードローンの種類によって限度額も金利も大きく変わってくる点が挙げられます。

 

消費者金融や銀行のカードローンの場合、最高限度額が数百万円というのが一般的です。地方銀行の場合、最高限度額1000万円という大型のものがあれば、最高限度額50万円という少額融資向けのカードローンもあります。

 

金利について、多くのカードローンでは最高金利と最低金利があります。パッと見、どの金利が適用されるのかが分かりにくいですが、金利は借入額が大きい程下がっていきます。つまり、数百万円もの借入れをしなければ、最低金利はほぼ適用されません。

 

地方銀行の場合には、少額の融資でも金利の低いカードローンが意外とあります。少なくとも消費者金融よりも低く、大手メガバンクと比べても同じか、もっと低い場合もあります。低金利でカードローンを組もうと考えているのであれば、むしろ地方銀行のカードローンは狙い目なのです。

 

同じ地方銀行でも何種類ものカードローンが存在するケースも多いので、よく調べてから検討するとよいでしょう。特に借り換えやおまとめローンで使うカードローンの場合には、しっかりと見ておく必要があります。