使い勝手は悪くないのか

地方銀行のイメージとして、地域密着型で安心感があります。一方で、視点が地元に集中しているため、遠方では使い勝手が悪いというイメージもあります。

 

カードローンの魅力はいつでも簡単に、繰返し借入れが行える点にあります。例えば出張先や旅行先でもお金が必要になる場面がありますが、大手と違って遠方に支店がない地方銀行は不利と考えられます。

 

しかし、地方銀行のカードローンのほとんどは、郵貯やコンビニなどと提携しています。地元を離れたとしても、近くの郵便局やコンビニを探せば、借入や返済が可能です。つまり地方銀行であっても、使い勝手の面ではそれ程差はありません。寧ろ地方銀行の方が、使い勝手という面では便利な場合があります。

 

例えば地方銀行のキャッシュカードにカードローンの機能をセットするタイプのカードローンがあります。これならカードがかさばらず、借入をしている時にも自分の口座からお金をおろしているだけのように見えるので、人の目を気にする必要がありません。

 

また、地方銀行のカードローンの中には、公共料金などの引落としが間に合わなかった時に、自動的に借入れして引落とししてくれるものもあります。他にも返済時期を毎月ではなく随時で自由にできたりと、個性的なサービスが多いのが地方銀行のカードローンの魅力です。

 

その他の銀行にも同様にそれぞれに特徴的なサービスを提供している場合があり、例えばオリックス銀行カードローンにおいては提携ATMでの利用手数料が終日無料となるなど、余計な手数料負担をなくカードローンの利用ができるようになっています。

 

地方銀行ではなかなか見られないサービスですが、地方銀行には地方銀行なりの良さもありますので、借り入れを考えるならオリックス銀行カードローンの条件との比較はもちろん、他の金融機関のカードローンもよく見てみましょう。